白銀公園で遊びたい。

文章:中島康晴

子どもの頃、夢中になった山子どもの頃、夢中になった山

ぼくは今、子どもの頃(6歳まで)過ごしていた町で暮らしている。
最近、一番好きだった「白銀(しろがね)公園」という場所が、通い慣れた赤城神社の裏手にあることに気付いた。
頭の片隅にぼんやりと見えていただけの風景が、一気に蘇ってくる感じは切なさを伴って嬉しい。

山を下から見たところ山を下から見たところ

いつもは子どもがたくさんいつもは子どもがたくさん

こういう山も、誰かが作った。かっこいいと思う。

カレンダー

2018年11月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ