なかじま制作で働きませんか?[アルバイト・パート・フルタイム]【新宿区:牛込柳町駅/神楽坂駅】[猫OKな人]

文章:中島康晴

合同会社 なかじま制作は新宿区の住宅街にある、SOHOのデザイン制作事務所です。
2012年7月に運営をスタートさせて、今年で6年目に突入した弊社は、主にWEBのデザインや構築をメインとしながら、印刷物のデザインも請け負い、それはそれはゆっくりと成長しています。

代表である中島と、アルバイト社員1名で制作を進めていますが、(妻は育児専念中で、働いてません。)、増えていく案件をスムーズにこなし切れず、お待たせして迷惑をかけてしまったりすることもありながら、心あるクライアントさんに恵まれ、なんとかここまで運営を続けてくることができました。

この度、仕事のクオリティを高めながらお仕事を続けていくために、パート・アルバイトとして、なかじま制作で働いてくれる方を探しています。

 

なかじま制作が受注している主な制作案件

  • 1.WEBデザイン・WEB構築
  • 2.DTPデザイン制作(書籍表紙/販促チラシ/その他印刷物等)

 

募集人員

  • 【募集】パート・アルバイトさん1名
  • 【勤務日】週3~5(希望に応じます。)
  • 【勤務時間】10:00~18:00(の間)
  • 【時給】 ¥1,100~(実績に応じて昇給も検討します)
  • 【試用期間】1ヶ月¥1,000/時。お仕事が続けられそうか試してみてください。

 

求める技術(優先度順)

  • 1.HTML&CSSを用いてWEBサイトのコーディングができる。(実務経験有り)
  • 2.Adobe Illustorator & Photoshop を操作できる。
  • 3.デザイン制作が好きである。(希望する方にはデザイン仕事もどんどん任せます)
  • 4.WordPressの構築ができる & J Query を利用したフロントエンド向けプログラミングができる。

※4の項目はできると望ましいですが、できなくても大丈夫。

 

あなたに実務経験がない場合

実務経験がない場合でも、以下に当てはまる方は採用を検討します。

  • HTML&CSSをある程度 理解していて、趣味の範囲でコーディング経験があり、制作作業が好き。
  • 年齢が25歳以下。
  • 作ることが好きである。

 

なかじま制作の労働環境

良くも悪くもアットホームなSOHO事務所ですから、堅苦しくなく、柔軟な働き方をして頂けるようにしたいと考えています。

事務所は最寄り駅から徒歩3分の住宅街にある一軒家の2階。10畳の洋室が事務所になっています。公立の市谷小学校に隣接しており、日中は聞こえてくる子どもたちの元気な歓声をBGMに制作をしています。また、1歳半になったばかりの子どもが、隣のリビングではしゃぐ声も聞こえてきます。

私が珈琲好きなので、毎日豆を挽いて美味しい珈琲を淹れます。
お好きな方は良かったら一緒にどうぞ。

※近日引っ越し予定です。

 

若者の方へ

  • Webの構築に必要なことは、働きながらほぼ完ぺきに学べます。経験を積みたい方はぜひ、なかじま制作でキャリアをスタートしませんか。
  • DTPの仕事もちょくちょく存在しますので、広範囲のデザイン仕事をすることができます。
  • アートの制作活動をしながらバイトを探している人へ、なかじま制作は、あなたの活動を応援していますし、柔軟な働き方ができます。

 

子育て世代の方へ

うちも子育て中ですので、子育て中のお母さんなども働きやすいように柔軟な対応ができると思っています。勤務していただき信頼関係を築いたうえで、協議しながら働き方を決めていけるようにと考えています。

 

猫がいます

仕事場では2匹の猫がくつろいでいます。残念ながら猫アレルギーをお持ちの方には過酷な環境ですので、応募はご遠慮ください。

事務所内にキャットウォークがあります。

2歳の兄弟猫です。2歳の兄弟猫です。

 

まとめ

つくることやデザインが好きで、前向きに仕事に取り組める方であれば、楽しく成長しながら働き続けていけると思っています。

面接を希望の方は、こちらからお気軽にお問い合わせくださいませ。

近い未来を思う人と、遠い未来を思う人

文章:中島康晴

人生を「自分の思い描く方向に向かって真っ直ぐに進む」ために、最も大切なことは何でしょうか。
ぼくが考える、とても大切だけど見落とされがちなことは「自分で思い描くこと」です。

この「自分で思い描くこと」は、そういう習慣がないとできません。
育った環境や、生まれ持った気質次第で、これができる人とできない人がいます。
さらに、この「自分で思い描くこと」は以下の2種類に分けることができます。

  • 「短期的な未来のことを思い描くこと」
  • 「長期的な未来のことを思い描くこと」

短期的な未来とは、今日や明日何をするかのような近い未来について思い描く力です。
対して、長期的な未来は、1年後どうなりたいとか、将来的には○○になりたい、といった種類の、
現在から少し距離のある未来を思い描く力です。

短期的な未来について興味がある人間は、「今」を積み重ねていけばおのずと「自分にとって望ましい未来」が訪れるはずだという信念を持っています。「今」の短期的な目的を消費し続けるこのような人は、快楽主義者と言えるかもしれません。

対して、長期的な未来について興味がある人間は、「自身の思い描く未来」から逆算して「今」をどのように過ごすべきかを決定します。こういった人の行動は禁欲主義的に見えることもありますが、大きな目的のために踏破すべき段階を踏み進めていることで得られる充実感から、やはり快楽を感じています。

前者は偏った能力を身に付けるのに適した思考方法であり、職人や技術者には刹那にのめりこむこういった気質が合っているように思えます。

後者はバランス良く広く物事を俯瞰する能力を身につけるのに適した思考方法であり、経営やマネジメントに必要な気質であると思えます。

ぼくは前者のタイプです。

ぼくは、「今日やりたいことと」か、「今、身につけたい能力」について常にフォーカスしている人間です。そしてその主たるモチベーションは快楽です。「できるようになること」それ自体から得られる快楽に突き動かされ、技能を習得し自らに蓄積してきました。そして、その結果として自らが処理可能な仕事を増やしていき、幸運なことにお仕事に恵まれてきました。

今、アルバイトを募集していますが、できれば前者の人が応募してくださると嬉しいなと思っています。話しが合いそうだから 笑。というのは冗談で、今のなかじま制作は、単純にお仕事を処理できるパワーを欲しています。単純に実務力をつけたいんです。

いつか、後者のタイプの人がぼくの上司になってくれたらいいのにな。という淡い願いを持って、今日もお仕事頑張っています。

顔出しパネル2016年

文章:中島康晴

IMG_6564顔出しパネルを描いた

久しぶりに顔出しパネルの発注を頂いたので、描かせてもらった。
絵具を出して作業をしていると、猫が見に来る。

あっちいけあっちいけ

子どもはバブバブ言っている子どもはバブバブ言っている

顔出しパネルって、サイズがデカくてホント疲れちゃうけど、絵を描くっていいよね。
一度しか無い人生、絵を描く人でありたいよね。
大きい絵を描けると、幸せだ。

今回は、折りたためるように作った。(要望で)今回は、折りたためるように作った。(要望で)

沖縄感のある大漁旗沖縄感のある大漁旗

今回のも、めっちゃ気に入ってる。描いているときは、いつも不安だけど、自信作を送り出せると気持ちが良い。

後ろに太陽をパーン!とさせると、いっきに勢いが出て「大漁旗」感が出せる。(バカバカしい感じも出せる!)
琉球の衣装をたくさん見て模様を描いた。シーサーに見守られて、沖縄の高級魚「アカジン」から顔を出してもらいましょう。

この度は、ご結婚、本当におめでとうございます。
大切な結婚式という場面に、関わらせて頂きありがとうございます。

 

子どもを育てながら、仕事をしていきたい。

文章:中島康晴

チンパンジーチンパンジー

「こどもが生まれたから、おれ頑張るぞ」なんて
あんなに多くの人から頻繁に聞くセリフだから、
自分だって、よほどそう思うもんなんだろうと思ってたけど、
実際は、人間が変わるほどのことじゃない。

少しづつ父親になっていく、という。
実感としてもそのような感じがある。

子どもの成長を間近で見ながら、仕事をできる生活はとても楽しい。
隣の部屋で泣き声がすると、すぐに席を立ってしまう。
子どもがかわいいので、抱きに行きたくなる。

妻は毎日楽しそう。今のところ育児ノイローゼではなさそう。(寝不足でもなさそう。)

最近、ますます絵が描きたくなってきた。いい感じ。
抱えている仕事を、ちゃんとやり遂げてから。

2016年もよろしくお願いします。

文章:中島康晴

自宅にて自宅にて

新年あけまして、おめでとうございます。
今年も作る。作ることを通して、社会に貢献していきます。
さらなる技術の向上を常に意識しながら各案件取り組みます。

また私生活では、3月に子供が生まれます。
気合入れて仕事しよう!思ってます。

本年もよろしくお願いいたします。

年末の挨拶とDIY

文章:中島康晴

ずいぶん、更新が滞ってしまいましたが、
なかじま制作は、日々制作のお仕事をしています。

年末から年が明けての4月までは、どうやら繁忙期であることが
事業を始めて4年目になったことで、分かってきました。
新年度に向けて、デザインやWEBサイトをオープンしたい方が増えるのかもしれません。
もちろん、繁忙期だろうと、閑散期だろうと(ありがたいことに、いつもたくさんのお仕事を頂けてます)
自分の持てる力を振り絞って進めています。

猫のトイレ猫のトイレ

北欧系のトイレを目指す北欧系のトイレを目指す

 

年末だからということではありませんが、合間を縫って趣味のDIYなどしています。
仕事納めは28日の予定です。大晦日は、きっと大掃除とDIYをするでしょう。
木材を切ったり、もくもくとヤスリをかけたりするにつけ、心が休まります。
きっと、いい仕事とつながっているはず、と考えています。どうでしょ。

これも私事ですが、来年の3月に男の子が生まれます。
夏休みの工作のとき、父親がノコギリや金槌の使い方を教えてくれたことを思い出します。

2015年も大変お世話になりました。
来年も、より良くつくり続けていきます。

年末年始休業案内

2015年12月29日(火)~2016年1月4日(月)

※休業中も、メールは休まずお受け致しておりますが、
お問い合わせへのご返答は1月5日(火)以降となります。
ご了承のほど、何卒よろしくお願いいたします。

果樹園で打ち合わせ。

文章:桝田涼子

小野洋らん果樹園ヤギが餌をほしがっている。

ありがたい事に、なかじま制作は今年も慌しい日が続いています。
お待たせしているみなさま、もう少々お待ちください。。すみません。

先月、山梨県 南アルプス市へ、お仕事の打ち合わせに行ってきました。
くだもの農家さんのホームページ作成の依頼をいただき、その撮影と相談のためです。
ちょうど桃の花と菜の花がとてもきれいな時で、
そこで戯れている子ヤギの姿は、まさに桃源郷でした。
ほぼ一日中、パソコンと向き合ってる私たちには、ちょっとまぶしすぎる仕事場です。

4月中旬はさくらんぼの人工授粉作業の真っ最中。
一家総出で木から木へ、一枝一枝にパタパタと受粉をつけていきます。
その時は白い花が満開でしたが、それから1ヶ月半もたつと、
あの赤いかわいい実でいっぱいになるのですね。とても楽しみです。

sakurannbo西洋実桜(さくらんぼの木)の花粉

jinnkoujyuhun人工受粉

さくらんぼがいっぱいなる頃には、ホームページもリニューアルが完了しているはずです。

 

白銀公園で遊びたい。

文章:中島康晴

子どもの頃、夢中になった山子どもの頃、夢中になった山

ぼくは今、子どもの頃(6歳まで)過ごしていた町で暮らしている。
最近、一番好きだった「白銀(しろがね)公園」という場所が、通い慣れた赤城神社の裏手にあることに気付いた。
頭の片隅にぼんやりと見えていただけの風景が、一気に蘇ってくる感じは切なさを伴って嬉しい。

山を下から見たところ山を下から見たところ

いつもは子どもがたくさんいつもは子どもがたくさん

こういう山も、誰かが作った。かっこいいと思う。

イスラムという言葉から浮かぶこと。

文章:中島康晴

「旅なんが嫌いだ」と、各方面で散々公言しておきながら
ぼくは何だかんだで楽しんでスペインへ新婚旅行へ行ってきました。
その間、なかじま制作としては、完全に制作がストップしてしまい
関係者各位にはご迷惑をおかけしました。

今は、カタール、ドーハの空港で8時間弱程の待ち時間があって、空港で一晩越しています。
ちなみに海外旅行をしてみて、はじめて公共施設や店舗で利用できるFree Wifi のありがたさを知りました。
見知らぬ国で本当に困ったときに、インターネットに接続して情報を得ることができる。

スペインは、イスラムの文化が作った美しいものがたくさんあって、そこがすごく気に入りました。
イスラームについては、大学時代に何冊か本を買って読んだ程度の知識しかありませんでしたが
この旅でイスラム式モスクや、その生活が生み出す美しさに触れて、今までとはまた違った印象を持ちました。

装飾についてだけ言えば、キリスト教と違って、偶像(人の形)が飾りに一切使われないことが大きな特徴で
緻密な彫刻や質素な色彩が、日本人の感性には違和感なく馴染むはずだと思いました。
そもそも、神様に具体的な形がないほうが神性が高まるのは、日本の神さまと同じ。
祈りには、具体的な祈る対象がないほうが良いと、ぼくは常々感じていました。

そんなこんなで、今、イスラムという言葉を聞いたり見たりして、ぼくが思い浮かべるのは
質素でありながら荘厳で美しい建築物と、穏やかな白い町並みとオレンジの木です。

中東関連のニュースを頻繁に目にしますが、
今回のことで日本のイスラム教徒の人たちが、いわれのない嫌がらせを受けたりするのは
本当に最悪で、こんなに下品でかっこ悪いことはないと思います。
もちろん、世界中のイスラム教徒の人に対しても。

人間は偏見に満ちているので、争いが起こります。
ぼくも自分で理解しているだけでも、おぞましい偏見をたくさん抱えています。
思うに人間は、ある物事について「これは偏見だ。」と理解することができたとしても、
その偏見をすぐに無くせるほどには賢くない。

そんなことをドーハの空港で考えています。

1月28日〜2月8日まで休暇を頂いております。

文章:中島康晴

実はスペインに来ております。実はスペインに来ております。

個別にはすでにお知らせさせて頂きました通り、
1月28日〜2月8日まで休暇を頂いております。

2月9日より通常営業とさせていただきます。
関係各位には連絡がつかずご迷惑をおかけしておりますが
何も考えない時間を過ごしております。

営業開始後に、またよろしくお願い致します。

カレンダー

2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ